ポケモン奮闘記『白銀のユキノオーと歩む』

2011年開設された個人ポケモンブログ。シングルレートをメインに活動中です。Twitterも宜しく!

デントのとある一日(笑

 その前に...作者から一言 「こんなに活躍したら、タケシが泣くぞっ!」
 ▼サトシ一行は、次のライモンシティに向かう途中でたんぱん小僧にバトルを挑まれてたので、サトシが相手をしていた・・・  一方デントは昼食の準備を楽しんでいた♪

たんぱん「がんばれっ!タマゲタケ ギガドレインだ!」
サトシ 「負けるな ツタージャ メロメロだ!」  (ドーン 互角!!)

デント「う〜ん♪ サトシのバトルは、いつ見てもスパイシーだ〜」
    (でも、ボクとしてはサトシからのメロメロが欲しいところだね♪)
  おいっ 腐女子ネタかっ!!
 とその時!! まさかのサトシがたんぱん小僧に負けてしまったところをデントはみていたのだ。サトシは負けたことを悔やんでいたが、それ以上にショックを受けていたのは、デントだった!
デント「よくも・・・ボクのかわいいサトシを傷つけたなッ!!」
短パン 「えぇっーー!? オ、オレはただこの人とバトルがしたかっただけなのに…」
デント 「黙ってもらおう…もう こうなったら、“It's Tasting time!!」
アイリス 「ありゃりゃ…デントったら、顔を真っ赤にして相当怒っているよっっ(キバキバ…)」

 すると、デントは自分の蝶ネクタイを取り外して、裏にあったボタンを押した。デントは光によって一瞬で3人に分身した!
「バトルのことなら、おまかせ! ジムリーダー デント!」
「誰もが魅了するナゾトキ頭脳♪ 名探偵 デント!」
「グッドテイストな釣り名人 フィッシング デント!」
???「3人合わせてクールなデントレンジャーの参上! 3デント」

3デント「愛するサトシのために!ボク達がキミをハードなテイストに仕上げてあげるよ(フッフッフッ)」
サトシ 「デ、デント…」
3デント 「いけっ!マイビンテージ ヤナップイシズマイマッギョ!」
短パン「うっ… うわぁ〜〜ん(泣)」
〜短パン小僧がどうやられたのかは、ご想像におまかせします〜

デント 「ふぅ〜 ようやくサトシを邪魔するヤツがいなくなったよ♪」
サトシ 「あっ…あのさ デント…オレの代わりに倒してくれて、あっありがとう…(照れ)」
 サトシにそう言われたデントは、照れくさそうに頬が赤く染まっているのを、アイリスはクスクスと笑っていた。
デント 「えっ!あっ…いやっ 別にいいんだよっ ボクはサトシのことを思って助けただけだからね!」
「ただ…ボクとしては、お礼をしてもらいたいというのもなんだけど••• サトシを抱きしめたいな•••◇」
サトシ 「えっ…で、でも•••(照れ)」
デント 「ダメ……かなぁ?」
サトシ 「うん…いいぜ!('v'#)」

 デントは何かから開放されたかのように、満面の笑みを浮かべた。それから、サトシを抱きしめた!サトシも身をゆだねることにしたのだった。
 それから、サトシの顔に•••

アイリス 「うわっ〜 あわゎゎっ! ここはキミが見るところでないからね〜(汗)」
「あっ!デントからメモが来ている•••
{いかがだったかな? ボクとサトシのラブリーなテイストは! また、どこかでキミと会えることを楽しみにしているよ♪ byデント}
だって!! あーもー 一体、作者は何がしたかったの?作者って、子供よね〜
じゃっ!作者に代わって ベストウィッシュ!」

○END○