白銀のユキノオーと歩む

2011年開設されたポケモン奮闘記。シングルレートをメインに活動中です。Twitterも宜しく!

傘をささずに雨にびしょ濡れ

*自分なりに雨パの強みをまとめてメモして置くことにします。

言わずと知れた脱出ニョロトノ+眼鏡or珠キングドラを絡めたパーティーは、S操作が自由に出来やすく、メタ要素を仕込んでも択ゲーとなってしまう場合が少なく無い。それにカバルドン対策になるのが、一番の要点であるようだ。

マンムーステロ→トノ交代→脱出
→グドラ無償降臨→龍舞(相手の攻撃で確1になることはほとんどないので相手が交代するかどうかに関わらず龍舞が安定する)

◇対ドラゴンに牽制するためのステロ持ちマンムー。龍以外と初手を合わせられるか、または龍を引っ込められ別のと対面させられるかのどれか、また龍舞キングドラは龍技のみを弱点としており、龍タイプ以外の低〜中火力ポケモンは起点にすることが出来る。
ちなみに、ある情報からして『無邪気CSガブリアス』も良いが、技の命中率と先制技の有無、化身ボルトへの遂行を考えてマンムーを選択が安定するらしい。

マンムーが誘うポケモンはグドラで起点にしやすい。例として一番的確なのがスイクン、そして瞑想クレセ、鉢巻ハッサム(バレットでこだわった場合)、ユキノオー(襷が潰れてる場合)、ウォッシュロトム(電気ジュエルは除く)etc..が挙げらられる。

マンムーもグドラも苦手なのはパルシェンエアームドギャラドス(逆鱗持ち)、ローブシン等です、これらがいる場合は雨選出はためらわれる。

ハッサムは雨パによく参加させている理由として、ナットレイの絶好の起点にしないために珠ッサムで剣の舞をしている場面が多く見られる。特性テクニシャンによる電光石火やバレットパンチ・虫食いにより、隙を見せやすいキノガッサウルガモスに圧力を掛けられる。

うーん 簡略化し過ぎたかな?格闘受けにクレセリアカイリューも同居しているとか。
(#`・ω・´)=∃ 『ふ〜っ。使いやすいだろうけどね・・・』