『白銀のユキノオーと歩む』

2011年開設されたポケモン奮闘記。シングルレートをメインに活動中です。Twitterも宜しく!

過去作ポケモン使用レート 終幕

 皆さん。如何お過ごしでしょうか?見ている方々は、ポケモントレーナーと言った所でしょうか。

結果から言いますと、レート1630と評価に値しない物となり、無念でした。以降は、これ以上の成績を上げれるように、煮詰めて行きたいですね。相変わらずメモ書きの要領w

使用ポケモンと感想

タイトルは『異空間の氷雪乱舞』って、所でしょうか。

メガユキノオー
冷静HCD振りの主役(´・ω・)。バトンボックスの左上にいる相棒なので、目立ちます。電気、水、氷、地面に耐性が有るお陰で、繰り出し易さにお世話になります。この子を狙って、繰り出しに来るメガ進化前の敵に対して、『吹雪』を放ち、リザードンY予定だろうが、体力を削る役目。
H252D96を振っていますので、メガゲンガーの『ヘド爆』も耐える計算をしているが、出て来ない悲しみ。因みに、陽気ファイアローの『ブレバ』は、受け止められる意外性。受けループをして来ようとすれば、『絶対零度』を与えます(憎悪)。『地震』や『岩雪崩』が欲しくなりますが、技スペースが迷います。陽気腹太鼓のマリルリに、トラウマを抱えるユキノオー君でした。

ガブリアス
意地っ張りHAD振りの拘り鉢巻き。元々は、スカーフを持たせていた子でしたが、余りにも有名だと思ったので、この型になりました。理由は、中速度にしても、トリックルームとの相性が悪くないのと、身代わりをしてくるメガガルーラや、メガゲンガー、メガボーマンダ等に対して、拘り鉢巻きの『ダブルチョップ』が、使いやすいからですね。また、『逆鱗』との選択で、鋼に止まりにくくする予防線にもなっていました。残りは、交換読みなどにも使う『地震』『ストーンエッジ』を採用。
HD振りにした理由は、化身ボルトロスが多く、C177珠めざ氷耐えをして打ち勝てるようにしました。尚、ガブリアス同士だと、弱気になりますw

ウォッシュロトム
図太いHBs振りのオボンの実。抜擢するまでは、マリルリスイクンを入れていましたが、このメンバー達が苦手とするメガバシャーモやA6upされたマリルリなんかに、弱過ぎるので威嚇出来る洗濯機にしました。メンバーの中で特に選出させた一匹。『電磁波』を採用しているので、上記のガブリアスとタッグを組ませて戦っていた頼りになる奴。『めざ氷』を採用していましたが、一長一短な感覚です。『雷』は、相手も驚いた事でしょうねw
今後、Bを削ってDに努力値を移動させてみるつもり。

ファイアロー
慎重HD青空プレートの子。ユキノオーが、苦手とする敵を取り除いてくれるエースパイロット。半年前から、噂になっていたので使用してみて気が付いた【有能な受け役だっ!】。テンプレートでは、ラムの実を所持していましたが、『ブレイブバード』の威力が足りなく、ラムの実が消費されにくく、ファイアローよりも、Sが低い相手なら『挑発』を入れるなりすれば、済みます。最悪の場合、クレセリアの『三日月の舞』でも、状態異常が治せますので、気になりませんでした。
特性『疾風の翼』により、『トリックルーム』下でも、気にせずに『ブレイブバード』を選択出来る点に、助けられた覚えが有りました。ありがとう。

クレセリア
HBブッパのゴツゴツメットの姫。パーティーの軸にもなる重要な役目。
堅い、とにかく堅い。物理高火力で、攻めてくる敵を取り除く姫。『冷凍ビーム』で、たまに相手を凍られるチャッカリ者でもある。『サイコショック』を採用していますが、最近『未来予知』を入れようか考え中。(ヒードランは止めて下さい)

メガ枠が変動
此処は、よくコロコロメンバーを思考錯誤していました。様々な敵に対応するのでは無く、特に苦手なポケモンに強みを持てる駒を見付けようとしていました。残りはプレイングで補えば良いと、実力のある友人から教わったのでね。
メガクチートを初めて使ってみて、トリックルーム下で暴れる能力にハマりましたが、何とも言えずに保留。
ヒードランや、毒守ライコウ等に強く出せるメガガルーラを勧められ、いざ勝負したのですが、困惑。アンチ・メガガルーラの人間だったので、触れずに居たのも原因(*´・ω・`)。
メガゲンガーも、考えましたが触れていないまま。



来シーズンこそ! ~END ~