白銀のユキノオーと歩む

2011年開設されたポケモン奮闘記。シングルレートをメインに活動中です。Twitterも宜しく!

耐久ノーマルに屈しない灯火を夢見て

 約3ヶ月に渡る長いUSMシーズン14 お疲れ様でした!レート2000を達成した方々にも心より祝福します。おめでとう、そしてコツを教えて下さい orz

 

 私は、社会人の私生活で勉強漬けの為、折角1700に載せたのですが…凡ミスが続いたので撤退した身になりました。

何よりも実感したのが、彼らの取り巻くパーティー対処法の重要性。

 私のようなメガユキノオー軸に置いている、Twitterの同胞達も少なからず対策に困って居ると聞いた覚えがあります。そこで、S14をメインに(もうバンバン構築記事がTwitter上にて拡散されている)傾向を再確認してみようかと思った次第です。至らない点もあるかと思いますが、今回も「ぽけっとふぁんくしょん様」にて調べて、対戦しての繰り返しでした。では、参ります!

f:id:kimuratosio:20190401152509p:plainf:id:kimuratosio:20190401152514p:plain

カビゴンs14 使用率21位

食いしん坊69.2% 免疫力20% 厚い脂肪10.4%

 起点回避にもなる欠伸による不利対面&自爆Z(威力200)により交換先を葬る。

特性食いしん坊 混乱実、鈍いにより自らを要塞化としたクッション枠&詰み要素

最近メジャーになりつつある免疫力のカビゴンですが・・・。

 

 選出画面から一見すると、特性『食いしん坊 or 免疫力or厚い脂肪』の判明がなかなか難しい。【カビゴン検定】をされているかの如く。ですが、相手の構築の並びから大体、予測可能だと自負しています。

 

【食いしん坊の場合】

 ①f:id:kimuratosio:20180516225641p:plainf:id:kimuratosio:20171117010445p:plainf:id:kimuratosio:20190402214424p:plainf:id:kimuratosio:20180520221241p:plainのようなステロ搭載要員が居れば、欠伸による起点回避と場を荒らしつつ、積み技の隙を作る。まぁ、典型的ですが強いね。

 ②全体的にf:id:kimuratosio:20180515105033p:plain が重いと踏む場合

 ③f:id:kimuratosio:20180516224454p:plain軸には、f:id:kimuratosio:20171120163126p:plainの対抗策として鋼枠+f:id:kimuratosio:20180516132513p:plain辛い毒を分散させれる点が目立ちます。クッション枠にある程度抗える要素へと人気ですね。所謂、ランドカビゲンガーって並び。

 ④f:id:kimuratosio:20180402235525p:plain軸にも①の要素を加え、詰め性能を高めるこの特性が、多数を占めている印象を受けます。中には、能動的に捨て身タックルを打ち込み「イバンの実」を発動させて奇襲を試みる天才っぷり。まだまだ数自体は少ないでしょうが、頭の片隅にでも覚えておくと良いかもしれません。

 

【 免疫力の場合】

①もし、構築内にf:id:kimuratosio:20180515105220p:plainと f:id:kimuratosio:20180516132513p:plainが同居して居なかった場合。
ミストフィールド展開に、依存されやすい為。【免疫力】に絞られやすい。

逆を言えば、この特性では無く【食いしん坊】或いは炎・氷タイプに強く出せる【厚い脂肪】に絞られる。

 ②今期のf:id:kimuratosio:20180411013810p:plain軸の経験談の一例(1800前半)では、f:id:kimuratosio:20180516225641p:plainf:id:kimuratosio:20180516132513p:plainが選出。悪巧み+気合玉(+神速)。免疫力だったのには、理解しかねる試合だったのを覚えています。いや(´・ω・`)詰めが甘いんだよ。

 ③補足になりますが、今期はf:id:kimuratosio:20180520221236p:plain毒守を対策する①のような組み合わせのトレーナーが多数見受けられたとの事。

その結果、食べ残し型は、【S13 41% ⇒S14 40.2%】ゴーストZ【S13 21.3% ⇒S14 24.2%】

 

 【厚い脂肪の場合】

 ①f:id:kimuratosio:20180402235525p:plain軸のf:id:kimuratosio:20180520221236p:plainf:id:kimuratosio:20180516132513p:plainで採用されやすく、特にf:id:kimuratosio:20181130223606p:plainf:id:kimuratosio:20180518021819p:plainf:id:kimuratosio:20180402235551p:plainを警戒して、持ち物は、混乱実or意地っ張りノーマルZ(中には、6世代メガガルーラのグロパンの様に格闘Zを用いる天才も確認済み。)を所持させる受けも起点作りと、正にハイブリッドな美しい並びで好き。だけど、敵ならば倒すのみ。

 ②f:id:kimuratosio:20171117010207p:plain軸同じくして対面系統の初手に出して、カウンター・地震・自爆で数的有利を取るのも確認。

 

 使用者一部の苦手意識には『鬼火羽休め型f:id:kimuratosio:20180520204617p:plain』がいる。時には、炎のパンチで焼きにくるので、安易にf:id:kimuratosio:20180411004557p:plainを出すのも危うい。

よりによって、何故仲間大会の時に必ず撃ってくるんだよっ!

 ポリゴン2 使用率13位

ダウンロード45.1% トレース40.6% アナライズ14.3%

 もはや、語る程ではないと思いますが、f:id:kimuratosio:20180714231733p:plainf:id:kimuratosio:20180520204617p:plainf:id:kimuratosio:20171117010207p:plainf:id:kimuratosio:20171120163126p:plain+@1のような対面サイクル系統のf:id:kimuratosio:20171117003720p:plainは、サイクルの中でダウンロードC↑1を狙い、メジャーなメガ枠のf:id:kimuratosio:20170504103936p:plainf:id:kimuratosio:20180521170901p:plainf:id:kimuratosio:20171117010207p:plainf:id:kimuratosio:20180714213248p:plain等に状態異常を狙う「控えめ」。割りと「図太い」が多数かと…。

f:id:kimuratosio:20180402235525p:plainf:id:kimuratosio:20180714213638p:plainf:id:kimuratosio:20171117010445p:plainf:id:kimuratosio:20171117003720p:plainの並びに関しては、重く成りがちなf:id:kimuratosio:20180515105033p:plainf:id:kimuratosio:20180520214059p:plainf:id:kimuratosio:20180714235748p:plainf:id:kimuratosio:20180715004027p:plainf:id:kimuratosio:20180402235551p:plainf:id:kimuratosio:20180521150912p:plainf:id:kimuratosio:20180515105220p:plain等のクッション枠兼切り返し枠の「生意気」が主流です。

 【オススメのポケモン】

 f:id:kimuratosio:20190404021000p:plain

 無邪気 AS振り残りc @格闘Zf:id:kimuratosio:20190404021628p:plain

けたぐり 岩石封じ 悪の波動 冷凍ビーム

役割対象

f:id:kimuratosio:20180402235525p:plainf:id:kimuratosio:20180402235126p:plainf:id:kimuratosio:20180516132513p:plainf:id:kimuratosio:20180402235551p:plainf:id:kimuratosio:20180411013810p:plainf:id:kimuratosio:20180516225641p:plain

f:id:kimuratosio:20180518021819p:plainf:id:kimuratosio:20180521150912p:plainf:id:kimuratosio:20180520204617p:plainf:id:kimuratosio:20180520221236p:plainf:id:kimuratosio:20180520221241p:plainf:id:kimuratosio:20180521155710p:plain

f:id:kimuratosio:20180521162526p:plainf:id:kimuratosio:20180521164203p:plainf:id:kimuratosio:20180521170901p:plainf:id:kimuratosio:20180714213248p:plainf:id:kimuratosio:20180515105033p:plainf:id:kimuratosio:20171117003720p:plain

f:id:kimuratosio:20171117010445p:plainf:id:kimuratosio:20180714235748p:plainf:id:kimuratosio:20171117010207p:plainf:id:kimuratosio:20170504104438p:plain……等々。

*「せっかち」にすれば、C192f:id:kimuratosio:20180411013810p:plainの真空波を、割合:89.8~106.1%[乱1]で耐える事は可能ですが、例の如くメガメタグロスが憎いので、私は「無邪気」でした。

 実際にS14において、メガユキノオー軸の裏エースとして活躍をしてくれたゲッコウガ。最速にする事で処理範囲も増え、苦手意識の高いポケモン達の対処に貢献してくれました。技に関しては、カスタマイズが可能なので、それぞれの構築に合わせてみて下さいね。それでも、一点読みをする相手トレーナーは実際にいますので、雑に扱わないよう十分気を付けて貰いたいかと、改めて思います。

 他にも、水の一貫性がある場合は、激流水Zによる制圧も病み付きになりますよ!


↓徐々にその影響かゲッコウガが順位を上げて来ています。

 

f:id:kimuratosio:20190404024844j:plain