白銀のユキノオーと歩む

2011年開設されたポケモン奮闘記。シングルレートをメインに活動中です。Twitterも宜しく!

Top 概要及び各対戦ブログ集

「白銀のユキノオーと歩む」へ閲覧して頂き、誠に感謝致します。私なりに考察しているブログです。ユキノオー軸の発展の為にも、何かの役に立てれば幸いです。尚、当ブログでは基本的に【無断転用厳守】とします。連絡は、以下のTwitterアカウントにて対応します。規定に関しては、【はてなブログ】に沿って対処します。
▽連絡先の千秋アオイtwiitr⇒ https://twitter.com/marinbure2011
 [ 

全シリーズ、シングルレーティングを中心に活動。
f:id:kimuratosio:20180411004557p:plain大好きなユキノオーとは、4世代後期から相棒。
5世代から徐々に基礎を構築し、現在まで至ります。

▼ XY最高レート1780。ORAS最高レート1630 USM最高レート1836

◆2015/11/20,『はてなダイアリー』から『はてなブログ』へ移動完了。下手ながらも、長いご愛好を宜しくお願い致します。

【対面構築の書】
第七世代対面構築論 - ガルドは二度斬る
Pokémon greninja/mimikyu

【受けループ対策】
我流!! 受けループの崩し方 - カラクリ屋敷の座布団の下
【サイクル構築】
構築の組み方 ~サイクル編~ ポケモンサンムーン - 絶対弱者
【USUM構築論】あすく流・サイクル構築理論メモ - あすく の あーすくえいく!

【その他・意識すべきバトル要素】
「対面」と「サイクル」の罠 - エルフニストのアローラ手記
app-date.net
レート対戦における勝つためのポケモン選出方法【サンムーン】 - ポケチキ!
ポケモン対戦立ち回りのコツ 理論編 - ラー太のポケモンブログ

【ポケモンSV】シーズン1 使用構築の総括

Hola! (オーラ!)

やぁ、皆さん。ダイマックスのない世界は、楽しんでいますか?私は…何故か向いていなかった。

今作でも、12月2日(23年1月5日まで)より開催されましたランクマ(通称レート戦)は、シーズン1。

ポケモンSVに出現するポケモン
(パラドックス・準伝説・伝説を除く)

ポケモンHOMEの解禁は、まだ先。

光輝く「テラスタル」(任意で、1つのタイプになれる新要素)を駆使したポケモンは、目を見張るものです。

 

シーズン1も終わり、引き続きシーズン2も同じルールになるので、皆さんも構築の練度を上げて行きましょう!因みに、順位は7万位…社会人なので(苦笑)

では、簡潔に参ります。

レンタルID LM4H1C

性格 意地っ張り 

ラスタル

実数値 H165 A165 B125 cx D90 S152

バシャーモと同じ炎&格闘タイプであり、パーティー構築のきっかけになるポケモン

当初は、ボーマンダと同じ特性「威嚇」の採用をしていましたが、S123のマスカーニャ(最速192)に対して後出しして、急所必中の「トリックフラワー」を見込んで、特性を変更。若干個体数が減った印象を受けた上に、選出圧力を掛ける仕事を果たした感じ。

筆頭すべき役割対象は、

の対策が必須級であり、の双方に対応可能なスカーフ枠として、有効。次点で 龍の舞+1の打点。レイジングブルにより壁展開にも難なく。

ただし、テンプレ物理受けラウドボーンは、火力不足による課題があるので、検討すべき。

性格 意地っ張り

ラスタル

実数値 H175 A201 B100 cx D100 S152

実況者 あみゅ氏による個体を参考に運用。

H198マルチスケイルに対して、A +1飛行テラスのダブルウィング 72.7~86.3%

H207に対して、A+2地震 97.5~114.9%

火力不足を感じる場面もありますが、飛行テラス状態。

不一致テラスタル状態 の

セグレイブA↓2段階

飛行テラスタル状態
ボーマンダ(技選択 竜の舞+1)
つらら落とし+氷の礫 59.4~72.0%+28.5〜35.4% で耐える勝ち筋も知ってもらいたい。

キラフロルとの相性も良く、新特性「毒化粧」のスリップダメージと羽休めで、「崩し」が可能になります。因みに、テラスタル発動時は、羽休めしても地面タイプの技を受け無いので、心に留めて置こう。

 

性格 冷静

ラスタル

実数値 H197 A112 B92 C150 D113 S58

今作のSVより、天候『あられ』から『雪』に変更。氷ポケモンの防御1.5倍になりました。

私も、昔はバンギラスが羨ましいと思った時期が有ったので、より対面性能アップして興奮しましたね。レート対戦でも、人口増加しているようで嬉しい!

…まぁ、扱いづらいポケモンの一角には、変わらないようですがw

A189「ドラゴンアロー」

天候ゆき下のH197B95 77.1~91.3%

【テラスタルのタイプについて】

記載している通り、安定して使用可能。

ダイマックスのようなターン制が撤廃され、リスク&リターンの駆け引きのあるバトルになりました。

を対策する為に、を採用するポケモン。その対策にを採用。

のケアになど知る限りでも、これ程イタチごっこ。多様化する対策の枝分かれです。

ユキノオーのテラスタルについて】

ゴーストタイプの採用理由の一つは、タイプの一貫性がある事(8世代までシャドーボール)

二つ目は、入りの構築に対して、打点を持つ為にも「突撃チョッキ」型の採用をしました。オマケに、H179D95ラウドボーン80.4~94.9%

「めざめるパワー」とは異なり、火力不足に悩み必要は無いですが、の採用も今後出てくるでしょう。もちろん、弱点を半減と役割対象は事前に考察。

性格 控えめ

ラスタル

実数値 H177 Ax  B159 C166 D111 S88(アーマーガア抜き)

A183 A+1ドレインパンチ 82.4~98.3%

A216 A+1地震 テラスタル後87.0~102.8%

 

特性「アナライズ」の採用したおかげで、耐久力を得たポケモン

実は、テラスタルのタイプは考察の余地あり。の前では、特性「すり抜け」が多く、行動保障の身代わりは禁物。「ボディプレス」は、の処理に一役買って貰うため。の役割も果たしたので、妥協ラインは合格でした。シーズン2は、残留なるか?

性格 控えめ

ラスタル

実数値 H209 Ax B120 C134 D102 S59

役割対象は、(マイティフォルム)

ラスタル後は、など毒テラスのクリアスモックで処理。

ドオーの攻撃型といった性能とクッション枠になります。只、威力が少々物足りない。A182との対面では、後出しが不利(地震61.7~73.2%)

性格 臆病

ラスタル

実数値 H179 Ax B110 C162 D101 S151

A194 A+2フレアドライブ 66.4~78.7%耐え

H192D125 テラスタル後 テラバース炎 91.6%~109.3%

 

最速個体でもS152の壁は高く、などを見るには、HPに振る必要性を感じました。

最速個体のキラフロル対面は、「大地の力」を不採用のため、何度か不利になる事もある一方。

ヘイラッシャ・キョジオーン等に対して、D2ダウンを狙える「アジットボム」は、裏の特殊ポケモンに繋げる仕事も担えます。一部のウルガモスは、草テラスタルもいるので、安易な「蝶の舞」は許さない強み。

スカーフ運用だと、最速前提になりますが、絶妙に火力不足。

今回は、マジカルシャインを不採用ですが、orを倒した後にもう片方が来れば、何も出来ずに終わる話を認識。ならば、単純だけど圧力を掛けれる拘り眼鏡

 

とも相性がよく、ステロを撒くか。雑にクッションとしても、扱う場合もあるので、今後もしばらく使ってみて、判断します。

【キツイと思うポケモン

  1. 炎テラスタル ガブリアス B振りのレッドカード ステロ&まきびし型
  2. キョジオーン 放っておくと、手が付けられない。
  3. ヘイラッシャ 個体数が少ないと踏んでいますが、「寝言&地割れ」は心臓に悪い
  4. ラウドボーン 後手に回った時の物理受けは、この構築の火力不足を実感