ポケモン奮闘記『白銀のユキノオーと歩む』

2011年開設された個人ポケモンブログ。シングルレートをメインに活動中です。Twitterも宜しく。

トップページ(`・ω・´)見てねっ!

ポケモン奮闘記・「白銀のユキノオーと歩む」』へようこそ!私なりのポケモンを考察しているブログです。 [

シングルを中心に活動。ユキノオーとは、4世代後期から楽しみつつ、5世代から徐々に基礎を構築し、6世代からガチンコです。次は7世代へか。
 ORASのレーティングユキノオーの可能性を見つけていきます。
ユキノオー入りメンバー▼ XY最高レート1780。ORAS最高レート1630
千秋蒼というネームでボチボチ呟いています。ツイート先⇒ https://twitter.com/marinbure2011

◆2015/11/20,『はてなダイアリー』から『はてなブログ』への引っ越しを致しました。下手ながらも、長いご愛好を宜しくお願い致します。

【第10回りるおふ】予選2-5突破ならず

皆さん、8/11のりるおふ!お疲れ様でした。
そして、運営さんの3名に、感謝します。
短い間だけ、時間を貰います。
このオフ会は、2回目となりますが、BW時代以来で、実に久し振りになります。勿論、新参者同然。

SMレートのガチとお気楽が混じり合う愉快な面々で、楽しめ満足しています。(なんか、ピクミンの声真似が定評を受けたがww )
f:id:kimuratosio:20170811201123j:plain
⬆イタズラにより、別な名前となる1枚。
f:id:kimuratosio:20170811043211j:plain
⬆自己紹介時に、名前が長いなんて、言われた件。

BW 時代から、ユキノオーのポテンシャルを引き立る為の研究をしている中での、報告をします。

使用パーティーは、これになります。
f:id:kimuratosio:20170811225237j:plain
❮簡単な経緯❯
・前回の記事と変わりは無いですが、ユキノオーは、苦手なポケモンがハッキリとしているので、強く出せるポケモンに、交代を促す効果を持つと認識しています。
・既に、トリックルーム下で強い事がシングルでも証明されている中で、この技をミミッキュが使用するのが、選出画面から予想しにくい所を目に着きました。更に、守るor身代わりを貫通する呪いは、非常に相性が良いので採用。残りの2つは、鬼火にじゃれつく。
・これが、7世代のメガユキノオートリックルームの起源だと思うので、広めたい。
バシャーモと霊獣ボルトロスは、かつてのXY時代のアイディアをバトンタッチの形で、甦らせた形。サンダー?それは、生きた化石
名言『自分の勝ち筋を通すよりも、負け筋を消していく側が勝ち易い』

ユキノオー 選出 7回中3回
勇敢❮非メガ❯H197 A154 B96 C113 D109 S72
吹雪/氷の礫/ウッドハンマー/地震

メガボーマンダカバルドン・霊獣ボルトロス・レヒレ・ナットレイ等が使用パーティーに多いので、通りも良く、選出時にも対戦相手に意識をさせたのは、本当偉い!
ウッドハンマーを撃つ私『うおおぉ!ドッセーーーイ バゴン。』

ガブリアス 選出 7回中4回
陽気H183 A182 B116 D105 S169
ステルスロック/岩石封じ/地震/吠える

襷ガブ君。スカーフ陽気の個体は、相手のS上昇個体のストッパー兼、フィニッシャーとして強いですが…。今回は、行動保障と起点作りに、起点回避とお掃除役。取り合えず、初手に出せば、ステルスロックで結果を残せる上に、繰り出しをして犠牲になる役目も有りました。まぁ、ウルガモスが居ないので、ほぼメガメタグロスリザードンに圧力を掛ける役目でしたね。コケコさん?別ブロックに居たようです。

ボルトロス(霊獣) 選出 7回中5回
臆病H175 B92 C175 D101S 168
10万ボルト/めざ氷/悪巧み/サイコキネシス

恐らく、一番頼りにしていたオッサン。そして、周りのトレーナーさんも、受けループの憎悪を放っていたようでww KP6位辺りに入る程の数。受けループの使用者が意気消沈しているのを横で見ていました😅。持ち物は、電気Zで問題有りませんでした。悪巧みをする余裕の無い時に、圧力を掛けてやれば、大抵倒れてくれます。
ミミッキュの化けの皮が、残っているのに電気Zを射ち放ったのは、私だ!!馬鹿ですな。』

ミミッキュ 選出 7回中2回
意地っ張りH161 A156 B102 D125 S116
じゃれつく/鬼火/トリックルーム/呪い

ユキノオーfriendの1匹。トリックルーム&呪い&鬼火の勇敢個体だったのが、意地っ張りに変更。そこまで、この子自身がトリル下で場持ちをしないだろうとみて、S無振りです。バシャーモバトンを繋ぐのにも、悪くはないです。Zクリスタルは、霊or妖のどちらか悩み、妖で実践。メタグロスとテテフの事を考えてみれば、違っていましたよ。メガガルーラも少ないですし。

バシャーモ 選出 7回中5回
陽気❮非メガ❯H155 A172 B91 D90 S145
飛び膝蹴り/フレアドライブ/バトンタッチ/守る

メガ進化の奇才。主に、憎きガルーラとポリゴン2バンギラス等の打点で、続投。一番の成果は、エアームドカビゴンメガゲンガーの受けループ使用者を三立てした話。ご本人曰く、『一切、来るとは思っていなかった。』
今回もバトンが活きた試合運びが、出来たので使い続けます‼
フレアドライブは、計画的に。

カプ・レヒレ 選出 7回中2回
図太い H177 B176 C117 D153 S109
波乗り/ムーンフォース/挑発/自然の力

ミミッキュを潰すポケモン(メガギャラドスドリュウズメガメタグロステッカグヤパルシェン等)に強く出せて、カバルカカイリュー(積み構築)に圧力を掛けられる子を探していたら、行き着いた。
場持ちを考えて、持ち物は、食べ残し。決勝進出者も同じだった。Sは、バトンによるs+1で、最速ミミッキュ抜きにしてある。
とても魅力的な筈が、使い難い。いくつか試合で見せポケとなったのもしばしば。

f:id:kimuratosio:20170811195929j:plain
↗勿論、ユキノオーどころかアローラキュウコンも居ない(´・ω・)あのさ、霰は座敷が高い?
♦また、オフ会があれば、行きたいですよね。
ではでは。( ゚Д゚)ゞ

S4 自己記録更新

毎度未熟ながら、レート1700に載せる事を今期は目指していました。ですが、チャレンジ失敗に終え、虚無感を覚えましたね。。。
f:id:kimuratosio:20170714150205j:plain
まだ、煮詰めるつもりなので、簡略化します。
気が向いたら、書き足します。

※7/27追記 確実に倒していく対面構築寄りを目指す。技範囲を広くみることで、交代先への負荷を加える安定行動。
基本選出は、【メガ進化+Z技+自由枠】がベストとされる。また、他の場合もある。

ユキノオー ◇メガ石
勇敢 HAベース残りD。
  
 我らの将軍。トリックルームの有無でも結果を残す。始めは、ギガドレインによる居座りも考慮して冷静を採用していたが、メガゲンガーに仕事をされるのが負け筋にもなる。よって、地震+氷の礫で落とせる調整にして、なるべくDに振るようにした事で、ゲンガーだけでなく、呼ぶ鋼に対面処理が安易になれた。
最期の段階で、ミミッキュ対策になれそうな『タネマシンガン』を採用してみるが、技が続かない悲しみ。結局、ウッドハンマーが一番だな!


霊獣ボルトロス ◇ラムの実
臆病 HSベース残りC。

 水ロトムは、型破りが蔓延っているので却下。
臆病にすることで、S101族の強みを活かし、パーティー単位で重いリザードンの処理もお陰で楽になれたのは大きい。悪巧みをするのが前提にあるので、耐久調整は必然となるのは、やはり仕方無い。もっとCに振りたい思いはあるが、結果的に助かった局面があるので、続投。
 因みに、持ち物ラムの実は、欠伸やキノコの胞子対策となる。その後、サイコキネシスを採用。
 気合い玉は、強いが読まれやすい。格闘技は、バシャーモに仕事をして貰うことにする。

ガブリアス ◇拘りスカーフ
陽気 ASベース残りB。

 一定数いるリザードンXYやウルガモス、今期から解禁されたメガバシャーモを対処する上で自然と入る。BW世代からのお気に入りのノオーガブ。
Twitterで活躍するトレーナーさん達も再認識されて来ているので、連れていきたい。ステルスロックを入れているが、使用者自身の腕が甘いのが難点。逆鱗の行動拘束が嫌いなので、ドラゴンダイブにするも、大事な所で外す芸人。

ドリュウズ ◇突撃チョッキ
陽気 HSベース残りAD。
 シーズン終盤で活躍した子。ミミッキュ対策にs149まで振り、凖速ミミッキュ抜きにしたのが正解。角ドリルでポリゴン2を玉砕。岩石封じ&地震で交代際に出てきたメガルカリオを倒してしまう彼女は、可能性与えてくれた良い思い出。カプ・テテフの処理も任せても良し。果たして、今後は居残れるのか?

ミミッキュ ◇ゴーストZ
勇敢 HAベース残りB。最遅個体。

 メガユキノオーが活躍する上で必要な子。このミミッキュを勝手に、トリル呪い型サマヨールの後継者と呼んでいる(詳しくは、カフカさんのサマヨールで検索)。
 技は、シャドークロー、影うち、呪い、トリックルーム。Z呪いは、既に掛かった状態であれば全回復も出来るが、使用率が低い。貴重なカプ・テテフの処理の1つ。今後は、メガミミロップが怖いのでじゃれつくに戻すだろうなぁ。

バシャーモ ◇メガ石
陽気 ASベース残りH。最速個体。
 遂に解禁されたメガバシャーモユキノオーを使う上で、届かない範囲『メガルカリオギルガルドメガガルーラヒードランメガクチートバシャーモ等』を相手にするのが目的。
 最速個体の理由は、2つ。
 バシャーモ同士でも勝ち筋を作る為とメガ進化をせずとも使えるように。
 バトンタッチを採用することで、バシャの加速バトン霊獣ボルトロスの最速+1の実数値が、s252(253 スカーフ最速ガブリアスを追い越せる)ラインまで行けるので、めざ氷によって勝利ルートが増やた試合も、しばしば。
今シーズンは、蓋を開ければ、バトンタッチバシャーモの流行があったらしいので、私もその一人なんだと実感している。


※基本選出
ガブリアス ミミッキュ ユキノオー

バシャーモ 霊獣ボルトロス ドリュウズorガブリアス

ユキノオー 霊獣ボルトロス ガブリアス


一応、小さな仲間大会にも優勝出来ているので、良いセンスをしているだろうなぁ。
f:id:kimuratosio:20170719194411j:plain

7/21追記。
QRコードで、遊べるようにしました。是非、アドバイスを下さいな。
f:id:kimuratosio:20170721010850j:plain