白銀のユキノオーと歩む

2011年開設されたポケモン奮闘記。シングルレートをメインに活動中です。Twitterも宜しく!

Top 概要及び各対戦ブログ集

「白銀のユキノオーと歩む」へ閲覧して頂き、誠に感謝致します。私なりに考察しているブログです。ユキノオー軸の発展の為にも、何かの役に立てれば幸いです。尚、当ブログでは基本的に【無断転用厳守】とします。連絡は、以下のTwitterアカウントにて対応します。規定に関しては、【はてなブログ】に沿って対処します。
▽連絡先の千秋アオイtwiitr⇒ https://twitter.com/marinbure2011
 [ 

全シリーズ、シングルレーティングを中心に活動。
f:id:kimuratosio:20180411004557p:plain大好きなユキノオーとは、4世代後期から相棒。
5世代から徐々に基礎を構築し、現在まで至ります。

▼ XY最高レート1780。ORAS最高レート1630 USM最高レート1836

◆2015/11/20,『はてなダイアリー』から『はてなブログ』へ移動完了。下手ながらも、長いご愛好を宜しくお願い致します。

【対面構築の書】
第七世代対面構築論 - ガルドは二度斬る
Pokémon greninja/mimikyu

【受けループ対策】
我流!! 受けループの崩し方 - カラクリ屋敷の座布団の下
【サイクル構築】
構築の組み方 ~サイクル編~ ポケモンサンムーン - 絶対弱者
【USUM構築論】あすく流・サイクル構築理論メモ - あすく の あーすくえいく!

【その他・意識すべきバトル要素】
「対面」と「サイクル」の罠 - エルフニストのアローラ手記
app-date.net
レート対戦における勝つためのポケモン選出方法【サンムーン】 - ポケチキ!
ポケモン対戦立ち回りのコツ 理論編 - ラー太のポケモンブログ

【剣盾s1】Twitter企画ユキノオー・調査結果

f:id:kimuratosio:20181228010930p:plain改めてまして、新年明けましておめでとうございます。

 今年も、当ブログを宜しくお願いします。メガユキノオーを、6世代から共に寄り添って、少しでも皆さんに認識して頂けるよう努めて来た所存でございます。

 

 一つの時代が終わりに近づく中で、私から皆さんへ感謝の気持ちを述べます。気になって、時々閲覧して下さる方々、本当にありがとうございます。

 投稿頻度は、決して多くはありませんが、それも納得がいく内容にする為と思って頂けると幸いです。これからも、切磋琢磨しますよー! 

  1. 【使用者の集計結果-性格】
  2.  【持ち物

 

 【使用者の集計結果-性格】

 Twitter上で、皆さんの呼び掛けに答えて頂いた貴重なお話です。

皆さんも是非、参考にしてみて下さいね!各参加人数が異なりますので、多少の誤差がありますので、ご了承下さい。

f:id:kimuratosio:20200102222816j:image

これは、24名からです。(流石に驚きました!)

1位は納得の『控えめ』7名(未入力ですが私もこれ)。2位に『生意気』4名。3位が『臆病』3名でした。

(意地っ張り&勇敢2名、冷静&呑気1名)

【持ち物】

こちらは、23名ですね

f:id:kimuratosio:20200102232225j:image

1位は、対面性能抜群の『気合の襷』10名。2位に『命の珠』4名。3位が『拘りスカーフ』3名でした。

(弱点保険&脱出パック2名、冷たい岩&拘りハチマキ1名。そして、拘り眼鏡が居ません。)

この結果に頷けますね。

まず、『気合の襷』ですが、シーズン開始序盤から、ミミッキュを含む物理アタッカーと、『ダイマックス』特有の対面構築の増加。『ダイジェット』が休む暇無く飛び交う中で、対面保障が効いて、火力も一定値を確保出来る。耐久調整を知らない初心者から古参トレーナーも愛用。中盤以降に、ユキノオー入りで1位を獲得した功績から脚光を浴びました。

元々、メガガルーラのように、ユキノオー自身が対面構築に弱くなりがちな面が有りましたので、それを補うベーシックなアイテムですね。

 

お次は、『命の珠』です。

この持ち物となれば、sに極振りしている事が多い印象です。H192D135のトゲキッスを、ようやく97.9~116.7%[確1]補正ありC158吹雪で倒せます。かつては、『意地っ張り』にして、ギャラドスやリザードンに『岩石封じ』を隠し持って、裏の抜きエースを狙った事が有りました。

少し気になって、H171ギャラドスで計算しましたら、此方ダイマックスしてダイロック100.6~119.3%[確1]。

 

3位の『拘りスカーフ』ですね。

私も発売前から使おうかと考えていましたが、残念ながら最速スカーフS184でも、実数値S188エースバーンやその上のインテレオンを抜けない欠点を見つけたので、採用価値はガラルヒヒダルマの方が良い感じです。もし、それでも意見が有れば受けますよ。